誰もが期待する横河システムのyessシステム


横河システムは大規模なグループを形成している建築会社

横河システムはグループ会社だけを見ても、さまざまな分野の企業、合計で8社をグループ会社としています。
それぞれの企業は横河システムに負けないくらいの将来性ある企業ばかりで代表的なところでは、横河ブリッジなどで、100年にわたる実績と技術、橋建設のノウハウを海外でも展開しています。

横河ブリッジに代表されるようにグループ会社のそれぞれはとにかく規模が大きな企業ばかりで、日本国内だけではなくて、世界へも活躍の場を広げている事が多いと言えます。
こうした日本の礎ともなるような企業をグループ会社に従えてなおかつ未来への目標を達成すべく前進しているので、大きな日本の宝のような存在でもあります。

横河システムのyess建築の大きな特徴とは

とにかく柱がない、と言うのが分かりやすい大きな特徴です。
自社開発した構造解析ソフトによってフレーム断面を算出し、超高層ビルでも高張力材を採用する事で、最大無柱スパン60mを実現しています。

つまり建物の中央に柱が存在しない状態で60mの感覚を保つ事が可能だと言う事です。
良く考えてみると、こうした広々とした空間を柱がない状態に出来れば、倉庫や工場の場合には非常に作業効率がアップする事が考えられます。

動線を邪魔しないと言うのも大きなメリットです。
建物がしっかりしているから、後は内部を自由に設計する事が出来るので、自由度が高い、カスタマイズ性が高いとも言えます。

こうした便利な建物を短期間で納品され、しかも低コストだとしたら、非常に便利でお得、買いたいと思う事も多いのではないでしょうか。
一時的な利用の目的のために建築するとしても、短期間で低コストなら、これまでのように予算で頭を悩める必要もなくなります。

工事のスピードアップ、と言う面から言っても、決して手抜きではないので、安心感もありますし、良質な資材を使用している事を含めると誰もが期待するものだと言えます。

(参照元:横河システムについてはこちら