川重株式会社の断熱WB工法は特許取得済み


川重株式会社が意識している住宅とは?

川重株式会社が意識している事と言えば、通気断熱WB工法と言うものです。
通気断熱WB工法の家と言うのは、簡単に言えば夏涼しくて、冬暖かいと言う特徴があります。
このようなフレーズはテレビCMなどでも聞いた事があると思いますが、まさにその特徴を活かして快適な家づくりを意識しています。

WB工法にはさまざまなメリットがあり、大まかに言えば、6つのメリットがあります。
その中で大まかな部分を言えば、伝統的な日本建築に対して、独自の仕組みとなるWB工法を組み込み、木の良さはそのままに、なおかつ通気を意識した家作りをする事が出来ます。

主な通気法としては、壁の中に、通気層を設けているので、家そのものが呼吸をしているような自然な通気を実現する事が出来ます。
ナチュラルで人体に穏やかな影響を与える通気を家が行う事で、快適な住環境を作り出す事が出来ます。

そして、健康を考え、耐久性を考え、省エネ住宅を意識して、と言った感じでWB工法の良いところを全て組み込んで行くと、人が人間らしく穏やかに過ごす事が出来る住環境が出来上がります。
健康的に快適な住まいを取得する事が出来れば、住む人も穏やかに過ごす事が出来ます。

通期断熱WB工法は特許取得済み

川重株式会社ではこの通期断熱WB工法と言うものに対して特許を取得しています。
特許を取得する事によって、人の健康を支え、自然な空気の流れを育み、家づくりの根本からエコを意識した取り組みが出来ると考えています。

また住宅を購入した方が、購入後に後悔する事がないように、最大限の配慮と工夫を行っています。
簡単な設計ミスとも言えるコンセントの数の問題や照明についての問題、動線を考えたレイアウトは適切かどうかに至るまで通期断熱WB工法を基礎として考えながら作られています。

将来のライフイベントの変化によって今の家では困る事がないようにも配慮されていますので、安心して相談と建築を任せる事が出来ます。

(参照元:川重についてはこちら