大栄テクノでは建築の優等生を育てています


大栄テクノは大きく分けて2つの部門に分かれます

大栄テクノは、元々は自動車事業がメインの企業でしたが、建築・鉄構事業部が出来てからは建築業界にもその名をとどろかせています。
自動車事業部では、自動車の部品などをメインにした事業が展開されていて、建築・鉄構事業部では鉄鋼事業と建築事業が行われています。

その他にもグループ会社があり、大栄エス・ディー・エル株式会社と、松栄興産株式会社があります。
それぞれに役割を担いながら成長し続けている企業です。

建築事業ではどんな事をしているのでしょうか?

大栄テクノの建築事業部では、主に時代に求められるもの、つまり新しい発想力や確実な技術などを応用した、応用力なども駆使して、これからの時代に出来る限りマッチングしていくように建築プランを考えています。

これからの時代はどう変化するのか、それだけは顧客のニーズによって変化しますし、地球環境に対する配慮によっても変化して行きます。
それにマッチングさせると言うのは相当な技術や発想力、先見性が必要になると言えますが、こうした事にも対応していくために先駆けてチャレンジしていくと言う精神を持っています。

大栄テクノの建築事業部では建築に関する優等生を育てている

大栄テクノの建築事業部では建築に関する知識や技術の面でも優等生と言われるようなそんな人材を育て続けています。
1つ1つの建物にはある意味では物語があると言われていますが、これは大げさなものではありません。

建物を建築するためには、どこにどんなものを、と言った話から始まり、さまざまな計画や打ち合わせ、調査を要します。
それだけでも信頼関係を築くためにはさざまな努力や配慮、タイミングなどがまるでドラマのように発生します。

まさに建物のように人間関係も築き上げると言う事が必要になりますので、この場に相応しいような建築に関する優等生と呼ばれるような人材を育て続けるのも大栄テクノの建築事業部の仕事です。

(参照元:大栄テクノについてはこちら