大塚工務店は人の健康と安全を考える業者


こだわりのある家づくりをしている大塚工務店

大塚工務店はさまざまなこだわりを持って家づくりをしています。
例えば、自然素材を使うと言う事にこだわっていて、しかも無垢材を使用する事をモットーとしています。

自然素材にこだわる理由としては、時代の変化と共に多様に作られていく人工的な部材も良いのですが、そればかりの家と言うのは何となく味気ないものになってしまいます。
過去にメインとして使用されていた木材が決して悪いわけではありませんし、むしろ強度があって良いものもたくさんあります。

しかし時代の中ではこうした理屈だけでは通らない現実と言うのも発生している事も事実です。
特に耐震性などにおいては今後の未来についても注目が高まり、研究や開発も進んで行くでしょうから、それにも対応していかなくてはならないのが建築業者です。

こうした矛盾しているようでどうしようもない事を全てひっくるめて、歴を持つ日本の木造建築をしっかりと守りつつも重要なところには近代的な技術を融合させて安心出来る住宅づくりをして行くと言うのが大塚工務店です。

本来の風土に合った木材は育った地域によく合うと言われています。
本来の風土に合った建築は健康にも良いと言われているので、出来る限りの事をして継続使用できるよう工夫していきたいものです。

無垢材を使用する理由

昔から住宅の建築用材として使用されてきたものを無垢材と言います。
これは伐採後もなお生き続けている木材で、化学物質などを一切含まない自然素材です。
無垢材で建築した家と言うのはシックハウス症候群などの心配が全くないので、安心して暮らす事が出来ます。

さらに無垢材には調整作用があり、湿気や乾燥に対して柔軟な対応をしてくれると言う特徴があります。
無垢材はそのものの樹脂を多く含んでいる事から水の被害や虫の被害にもあいにくいと言われています。

日本の風土に合った木材、それは無垢材の事だと言っても良いです。

(参照元:大塚工務店についてはこちら