匠の技を駆使している笹川組


笹川組の匠の技とは?

笹川組ではさまざまな建物を建築する一方で、企画から参加してしっかりと納得がいくまで取り組むと言う事が当たり前です。
例えば、企画に参加してからは、計画に対するシュミレーションや調査を入念に行います。

そして建物の建設になりますが、その際にも不動産として税金対策や土地の有効活用をするにはどんな方法があるのかまで調べます。
土地の有効活用にはいろいろな方法がありますので、それらは土地の持ち主の考えにもよりますが、しっかりと提案していくと言う姿勢があります。

自社で設計や施工を行う時には、自然やその地域の環境、より一層暮らしやすくするにはどうしたら良いのかも配慮します。
住む人や利用する人によってはバリアフリー設計が必要だったり、耐震設計を強化したいとか、舗装工事がどうしても必要など多岐にわたるものを提案して行きます。

さらにこうした取り組みは一般住宅だけではなくて官公庁や文化施設、教育施設やテナントビルに至るまで必要に応じて行われ、時には医療施設や宿泊施設などにも提案していく事があります。
これまでの実績では社寺やショッピングセンター、アミューズメント施設までも同じように行って来た実績があります。

こうした取り組みが信頼と実績に繋がっている

前述したような取り組みが評価されてさまざまな施設や住宅の依頼へと繋がっています。
誠実さや確実な安全性などを重視していくので、誰もが安心して任せる事が出来ると判断する事が多くあります。

中にはyessシステムを使用した物件もあり、時代の先駆け的な行動にも余念がありません。
一般住宅から全ての建物へと広がるこうした繋がりは、笹川組の取り組みが評価されていると言うなによりの実績になると言えます。

誠実さの伝わる仕事、それが建築に関する仕事と言う風に例えるならば、非常に良い評価を集めている企業だと言えます。
小さな事から大きな事までも一切手を抜かない姿勢、それが笹川組と言えます。

(参照元:笹川組についてはこちら