丸屋ホームテックはエコや地域の事を考えた資材を使っています


丸屋ホームテックは木匠の家を推奨しています

丸屋ホームテックでは日本古来より伝承されてきた匠の技術と言うものをとても大切にしています。
しかし日本古来の匠の技術だけを伝承しているのではなくて、それにプラス、現代の木造住宅に対して、最新技術を取り込みながら伝えています。

分かりやすいところで言えば、木は時を経て徐々に曲がる事がありますが、その自然のありさまを生かすような方法、家を育てると言うような技術を取り入れながら、最新技術も駆使しつつ住宅を建築して行こうと言うものです。

木造住宅をただ建てるだけではなくて、環境にも優しく豊かにしていこうと言う取り組みがあります。
担当エリアの木材を多用する事によって、地域に根差した活動を心がけると共に、健康や環境との調和をも意識した建築を意識しています。

こうした取り組みの家を木匠の家と称して、無垢材や漆喰、和紙なども積極的に利用するのが丸屋ホームテックの建築方法だと言えます。

木造住宅と言えば?

木造住宅と言えば柱や梁がある事が特徴的です。
丸屋ホームテックではそれらの木材にも地元の木材を使用していて、地産地消を意識しつつ、最高の住宅作りを心がけています。

自然の風合いなどはもちろんのこと、木材が育った環境に合った特徴を持つ事を最大限に利用するためにも、地元の木材を積極的に使う事を実施しています。
地産地消を心がける事によっては次のようなメリットも発生します。

遠方や海外の輸入品の木材を使用すると、輸送にはエネルギーを要します。
と言う事は二酸化炭素を排出する可能性が高くなると言う事です。
エコを意識するならそれらを撤廃する事が良いと考えて地元の木材のを使用するようにしています。

特に杉などは成長が早いですし、建築に適した木材として重宝されます。
地元の杉も積極的に取り入れる事によって、エコにも地域にも出来上がった住宅に住む人にも優しい家づくりをする事が出来ると言えます。

(参照元:丸屋ホームテックについてはこちら